マンション売却費用はどれくらいかかる?

初めてマンションを売却する人の中には、こんなに費用がかかるの?とびっくりされる方も少なくないようです。

 

もちろん、購入する際にもいろいろな税金がかかってきますので、売る時も結構税金がかかるだろうと予想している人もいます。

 

またマンションを売るのを手伝ってくれる不動産屋さんに、前払いで必要な費用があるのかと考えるところですが、何もありません。つまり、買い手があらわれて・契約するときまで費用がかからないということになります。それでは一番気になる費用について見ていきます。

ちなみに、自分が住んでいるマンションと収益を得ているマンションとでは若干違いがあるようです。また所有に関しても、個人と法人で異なってくるものがあります。

売買契約時

売買の契約の際に買主から受け取る手付け金

やはり不動産というとかなり高額なものになりますので、一括で払える人はそうそうおりません。ですので契約の証拠として最初に手付金を受け取ります。一般的には売買代金の約1割になります。

 

売買契約締結時に必要な費用は?

契約書1通につき、記載された売買代金により印紙税額は定まっています。具体的には、契約金額が500〜1000万円以下であれば1万円になります。不動産屋が建て替えて用意してくれます。

 

仲介手数料(半額)

契約の際に半額支払って、決済の時に残りの半額を支払うケースが多いようです。

 

手付金の領収書に貼る印紙代(売主が法人のケース)

 

決済引き渡し時に受け取る費用

売買代金の残高を受け取ります

 

固定資産税/都市計画税清算金

物件に課税されています固定資産税/都市計画税清算金を受け取ります。

 

管理費&修繕積立金の清算金

マンションを所有することで、毎月など継続的にかかってきたコストを精算することができます。

 

決済引き渡し時に支払う費用

賃料の精算金(賃貸物件で収益をあげているケース)

前払い家賃などですでに受け取った家賃収入を精算支払いします。

 

仲介手数料

残りの仲介手数料を精算します。

 

司法書士費用

各状況によって異なりますが、だいたい5万円あれば充分お釣りがくるようです。

 

残代金受領の領収書の印紙(売主が法人のケース)