マンション売却の流れをまとめてみました。

売りに出す前

初めての人であれば、まずは情報収集が必要です。特に初めての人の場合ですと、とにかく近所の不動産に行って話を聞くしかないと思ってる方も少なくないようです。しかしいきなり不動産屋さんへ行かれるのはおすすめできません。なぜなら知識の武装を何もしていませんので、相手の言うとおりに売却を進める流れになるからです。どうせ売るなら高く売ったりするなど、優位に進めたいところです。
そこで、不動産屋さんへ行く前に、まずはインターネットでいろいろな情報を集めましょう。もちろん興味のあることですので、時間が経つのを忘れるくらい没頭するかもしれません。マンション売却の理由はなんであれ、売れた瞬間を想像したらなんか楽しくなりませんか?
ここで近所の不動産屋を考えると、個人でやってる小さな会社を思い浮かべる人もいるでしょう。一方で大手の会社もありますので、何も知らずにお問い合わせをすると、しつこく営業されるのでは?という不安感もあります。
このようにいろいろと分からないことが多かったために、まずはじめに

 

↓こちらのサイトを利用しました。

マンション売却の流れ

 

こちらのサイトを利用した理由ですが、とにかく有望な業者さんを見つけたかったからです。こちらのサイトでも、優良な業者を利用しているという記載があります。やはりマンションを売るにあたって、いい不動産屋を見つけるのはとても大切だと実感しています。

 

マンション売却活動の開始

わたしも振り返ってみますと、ポイント1の不動産選びがとても大切だということを学びました。なぜなら初心者のわたしでも、マンション売却で満足した結果が得られたからです。
そして売る理由や、どのくらいの金額で売却をするかなどを話し合います。
その次に売るための活動に入るわけですが、不動産屋さんが戦略を考えて・営業活動をしてくれます。ここで、問い合わせ数や買主からの相談内容を踏まえて、価格を随時見直すことが多いようです。

 

交渉・売買契約・決済引き渡し

もちろん、部屋の中を見ずに決める人はいないと思いますので、内覧があります。不動産屋さんから急に電話がかかってきてびっくりしましたが、設定した相場でも買いたい人がいるんだと確信をもてます。
その場で購入を決めるケースは少なく、翌日くらい少し安くならないか?という話が出てくることもあります。話がまとまれば、売買条件によって売買契約を結ぶ流れとなります。

 

実際にマンションを売却した体験談はこちら⇒マンション売却体験記